車のタイヤを交換するだけだったのに



先日、次男から聞いた話。

会社の先輩が奥さんの車のタイヤを交換するために近くの自動車修理工場へ持って行ったら、車が大破したというのです。

意味がわからなくてよくよく聞いてみると、その修理工場の社長が車をぶつけてしまい、フロントがぐちゃぐちゃに潰れたらしい。大方アクセルとブレーキを踏み間違えたんだろうけど、修理工場の社長がやらかすって…。今まで聞いたこともないぞ。

で、平謝りされて代車を用意してもらったそうなんだけど、その車がサビが目立つようなオンボロ車だったそうで先輩は激怒。奥さんの車、買って1年も経ってない新車だったのも怒りに拍車をかけたようで。当然「もう二度とあそこに車は持っていかない」とおっしゃってたそうです。

しかしまたなんでそんな修理工場が生き延びてるんだ…。謎である。

コメント