24年


先日、24回目の結婚記念日を迎えました。もう24年というよりまだ24年というのが正直な感想です。人生の半分より少ない時間しか夫と共有できてないわけですから。

でもその24年の間に私の両親と義父が他界し、双方の叔父叔母も何人かがこの世を去りました。もう若くはないんだなと思うと同時に、頼れる年長者がどんどんいなくなって自分達が頼られる番になってるのだとひしひしと感じてます。

来年は銀婚式だけど、そこまで老成した夫婦になった実感もなく。幼い頃、中学生がやたら大人のように頼もしく見えていたものですが、実際に自分がその立場になってみると自分は自分。年を重ねた程度で変わるもんじゃないなと思います。

しかし少なくとも夫や子供達には頼ってもらえる妻、母でありたいなと思うのでした。

コメント